霊園側に毎年支払う管理費

どうしても人間には宗教観というものがあり、これは霊園選びにも大きく影響をしてしまうことになります。
多くの霊園では同様の宗教宗派で無ければ権利を買うことが出来ないので、自分の宗教をまずは把握しておきましょう。 一般的に都市型霊園の方が郊外に設置されている霊園より多少高額となってしまう場合が多くあります。
また管理費というのは滞納を続けてしまいますと、霊園の使用権を取り消されてしまうこともあるのでご注意ください。墓地にある施設の維持や管理などに必要となる費用である管理費は毎年支払っていくこととなります。
これら管理費は参道整備、水道設備、駐車場、緑地、そして墓地清掃などなど広範囲に渡って使用されることとなります。

 

東京での公営墓地は1m2あたり620円〜で、民間霊園では5000円〜1万5000円程度となります。
そして寺院墓地におきましてはお布施や冥加金などといった名目により6000円〜2万4000円程度必要となることがあります。

コロナ フェスナビ
コロナ フェスのご案内
http://corona-sunsets.jp/



霊園側に毎年支払う管理費ブログ:10月26日

皆さん
コンニチワー

皆さんはおもちを食べる時に、何をつけて食べますか?

人によって好みがあるでしょうが、
減量中なら、
ぼくは「きなこ」をお勧めします。

「きなこ」って、
減量効果が期待できるんですよね!

「きなこ」は、大豆から作られています。
大豆には、減量にとって大きな効果を発揮する
栄養素が豊富に含まれているんです。

まずは大豆には、ビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンBというのは、
脂肪や糖分の代謝を促進する働きがあります。
脂肪にしても糖分にしても、減量の天敵ですよね。

また、減量をする時には、
筋肉を維持することも必要となってきます。
身体の中で消費するエネルギーの量が最も多いのが
筋肉といわれているからです。

筋肉の材料となっているのは、タンパク質です。

大豆にはタンパク質が豊富に含まれているので、
減量中は、積極的に摂取をしたい食材というわけです。

なので、減量中、おもちにつけるなら
「きなこ」がお勧めなんです!

でも、おもちの場合、
どうしても炭水化物が多く、
糖分を余分に摂取してしまう恐れがあります。

ですから、
おもちの炭水化物の分と「きなこ」のビタミンBでチャラになって、
実質的な減量の効果が
少なくなってしまうかもしれませんね。

ならば、他の食材と組み合わせてみてはどうでしょう?

例えば…
寒天とかヨーグルトなどは脂肪や糖分が少なく、健康にもいいですから、
減量中、おススメの食べ合わせと言えるかもしれません。

明日はいい日かな〜